山梨県議会の正副議長が辞意を表明

まさかこのタイミングで辞めらるとは思わなかった。なぜ?
新型コロナウイルス対策に一丸となって取り組まなければならないこの時期に、山梨県議会の議長、副議長が本日、辞意を表明した。
本日19日10時から行われた各会派代表者会議の場において、正副議会がそれぞれ辞意を表明。
23 日の定例会最終日の議決が終わった後に辞職するとの事。
新型コロナウイルス対策に一丸となって取り組まなければならない緊急時に、なぜ辞めなければならないのか?
意見をぶつけたが答えは返ってこなかった。
少数意見への配慮は全くなく、
会議は閉じられた。
県民不在の議会運営の最たるものだ。
落胆の思いと、強い憤りを感じざるを得ない。
本当に残念でならない。


この記事が気に入ったらシェアをお願いします
Facebook
Twitter
LinkedIn
Email

最近の記事

Scroll to Top

Follow Me

  • ホーム
  • プロフィール
  • ビジョン
  • Blog
  • お問い合わせ

Blog

ブログ

Mail Magagine

メールマガジンの購読

望月としき事務局

〒400-0502
南巨摩郡富士川町最勝寺1188-6
FAX.0556-48-8765